各治療紹介

一般歯科

一般歯科とは、虫歯と歯周病(歯槽膿漏)の治療、および欠損部の補綴(おぎなうこと)を主とした保険範囲内でできる治療のことです。これは、通常どこでも行っているものですが、小児歯科、矯正歯科、口腔外科などの専門標榜科がうまれたため、これらと区別する意味で用いられます。

 

一般歯科で主にできる治療や症状

(1)    虫歯の治療
(2)    歯周病(歯槽膿漏)治療
(3)    歯根の治療
(4)    歯が腫れている場合
(5)    歯が欠けた場合
(6)    詰め物、被せ物(一部保険対象外)
(7)    ブリッジの治療(一部保険対象外)
(8)    入れ歯(一部保険対象外)
(9)    咬み合せの治療(矯正治療は保険対象外)
(10)  定期検診

小児歯科

小児 道明歯科医院子供たちの虫歯を治すことだけが小児歯科ではありません。
子供たちの心や身体は、休むことなく成長しています。そこで、虫歯や悪い噛み合わせ、歯の交換の異常など正しい成長を妨げる色々な原因を早くみつけ、とりのぞいて、正しい成長へ導いてあげることが必要です。
その第1歩として、私たちとお子様がよりよい関係を作れるように、保護者様のご協力をお願いいたします。

 

  • 歯科治療に対してお子様の周囲の方が正しい理解と好意をお持ちください。
  • 歯の治療をすることは、怖いことではなく健康になることだということを、話してあげてください。
  • お子様のいらっしゃるところで、歯科治療に関する不快な体験を話したりしないようにしてください。
  • 必要なときには局所麻酔をして、痛みを取り除いてから治療を行います。お子様には注射という言葉は使わず「麻酔」といっています。ご協力ください。
  • 治療が終わったら「よくがんばったね。えらかったね」と、言葉のごほうびと励ましをたくさんあげてください。

このページの先頭へ戻る