審美歯科治療

審美歯科とは

誰でも入れ歯(義歯)にはなりたくないものです。しかし、入れ歯を使わないと治せない時もあります。ところで入れ歯(義歯)は痛くて噛めないとか、義歯(入れ歯)は硬いものは噛めないとか、あまり入れ歯(義歯)の評判は世間的に良くはありません。しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった入れ歯(義歯)を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

入れ歯(義歯)には健康保険適用の保険適用の入れ歯と健康保険適用外の入れ歯の2種類があり、診療内容や入れ歯(義歯)に使用される材料の違いによって分かれます。ここではそんな入れ歯について比較してご紹介します。

美歯科治療の利点

保険診療
名称
材質
快適性
レジン全部床
合成樹脂
床が厚い
耐久性
熱伝導性
汚れにくさ
金属床より劣る
冷たい、熱いが伝わりにくい
違和感
利点
治療代
治療費が安い
保険適用可
自由診療
名称
材質
快適性
金属全部床(コバルト)
合成樹脂と金属
床が薄く出来る
耐久性
熱伝導性
汚れにくさ
壊れにくい
冷たい、熱いが分かる
違和感
利点
治療代
強度がある
保険適用外
自由診療
名称
材質
快適性
金属全部床(チタン)
合成樹脂と金属
薄い、軽い金属味無し
耐久性
熱伝導性
汚れにくさ
壊れにくい
冷たい、熱いが分かる
違和感
利点
治療代
強度がある
生態親和性が良い
保険適用外
自由診療
名称
材質
快適性
金属全部床(ゴールド)
合成樹脂と金属
床が薄く出来る
耐久性
熱伝導性
汚れにくさ
壊れにくい
冷たい、熱いが分かる
違和感
利点
治療代
強度がある
生態親和性が良い
保険適用外

このページの先頭へ戻る